タイ 旅行 持ち物 服装 おすすめ バンコク 注意 観光

タイ旅行おすすめドットネット

タイ旅行へ行く人必見♪これだけは絶対におさえておくべきおすすめ情報満載サイト

タイのカフェでのおいしいコーヒーの注文の仕方3パターン

読了までの目安時間:約 4分

コーヒー屋

南国コーヒー

昼下がりに海の見えるカフェでコーヒーブレイク。

火照った体に冷たいアイスカプチーノ。

タイ旅行中、たまには何も考えずこんな風にカフェで過ごす日があってもいいですよね。

ですが、タイのコーヒーはなかなかクセ者です。 なぜかというと、とにかく甘い!

キャラメルマキアートなんて頼んだ日には一杯で糖尿病になりそうなぐらいです。

なんでこんなにタイ人は甘いコーヒーが好きなのかはわかりませんが、砂糖は体を冷すので

暑い国の飲み物としては理にかなっていますね。

しかし、上手く注文すれば美味しくいただけます。

せっかくのリラックスタイムでがっかりしなくて済むように、タイでのコーヒーの注文の仕方を覚えておきましょう。

「no sugar」

コーヒーが甘いなら「no sugar」って言えばいいのでは?と思いますよね。

タイに来たばかりの時、そう思って「no sugar」と注文しました。

出てきたコーヒーは気絶しそうな程、甘いので「あの、甘いですけど…」と言うと

「砂糖は入れてないわよ」との返事、

「じゃあなんで甘いの?」と聞くと

「練乳を入れたから」とのお答え。

どうやらタイ人には練乳はそれ程甘いものではないようです。 そのあと他の人の注文した

コーヒーを作るところをみていると、なんとコーヒーにそれと同量の練乳を投入!

そりゃあ甘いですよね。

ブラックコーヒー

タイのカフェではホットコーヒーを作るときはまずエスプレッソマシンでエスプレッソを入れ、

ラテなどの場合はそれに牛乳などをいれます。 ホットの場合にのみ砂糖はお客さん自身で入れます。

ですからホットのブラックコーヒーはほぼエスプレッソなのでとても濃いです。

アメリカンコーヒーも一応ありますが正直全然アメリカンではありません。

ホットの場合はミルクを入れるラテやカプチーノ、モカなどが無難でしょう。

アイスコーヒー

アイスコーヒーの場合も基本的に作り方は同じですが先に練乳や砂糖を混ぜて氷の入ったグラスに入れるので

甘さの調節を自分ですることはできません。

ですから甘くないアイスコーヒーが飲みたい場合は「no sugar no condensed milk」

あるいはタイ語で「マイワーン ルーイ」 と言うと良いでしょう。

あるいは自分で甘さ調節したい場合は、「サイ ノムヌーイ エーン」(自分で練乳を入れます)と言います。

ちなみにガムシロップが置いてある所は少ないです。

でもフラッペやスムージーの場合はちょっと甘い方が美味しいですよね。

そんな時は「ワーン ノーイ」 (甘さ控えめで)と言うといいでしょう。

「マイワーン ルーイ」「サイ ノムヌーイ エーン」「ワーン ノーイ」これら3つの

タイのカフェでの注文の仕方をマスターして、美味しいコーヒーをいただきましょう!

 

この記事に関連する記事一覧

Welcome to thai-trip.biz!  タイ旅行おすすめサイトへようこそ!


みなさんこんにちは!
タイ旅行おすすめドットネットのruthです!

このサイトは、タイに旅行に行こうと考えている方に、色々なおすすめ情報をお届けしています。
また、タイ人のお友達がいる方にも、タイ人の奥様をお持ちの方にもお役に立つ情報をお届けしています。
タイ旅行に行きたいけど、忙しくて行けそうにないなぁ、
という方も読んでいるとなんだか行った気分になれちゃうかも!

タイ在住7年目の私ruthがタイで経験したびっくりなこと、感心したこと、学んだことをお伝えして、タイ旅行の際の予備知識になれば幸いです。

おすすめ最新記事