タイ 旅行 持ち物 服装 おすすめ バンコク 注意 観光

タイ旅行おすすめドットネット

タイ旅行へ行く人必見♪これだけは絶対におさえておくべきおすすめ情報満載サイト

あると便利!タイの携帯電話大手会社2つ

読了までの目安時間:約 5分

携帯

電話とインターネット


海外旅行で気になるのが日本にいる家族や友達との連絡や、

 

一緒に来ている人達との連絡ですよね。



日本の携帯電話だと国際電話になるので気軽にたくさん使えないですし、

 

インターネットを使いたい時にも高額になるので困りますね。

 

そこで、今回は知っておくと便利なタイの携帯電話についてご説明します。

 

タイの携帯電話システム

 

タイの携帯電話は日本のように会社と契約する形ではなく、まず本体を買い、そのあと好きな会社のSIMカードを買って入れ、お金をチャージしていくプリヘイド式です

 

このSIMカードは大抵どの携帯電話またiPadにも対応出来るようになっています。

 

もしあなたの日本の携帯電話がガラケーまたはSIMロックフリーのiPhoneまたはiPad、

 

タブレットなら、タイでSIMカードを買い日本のSIMと入れ替えて

 

タイの携帯電話またタブレットとしても使えます。

 

そのSIMのなかでもおすすめの大手会社は次の2つです。

 

AIS(one two call)

 

 

まずはAISという会社があります。


ショッピングモールなどにこの会社のSIMカードを売るカウンターがあるので、

 

そこへ行き好きな電話番号のSIMを選びます。

 

あなたのiPhoneや携帯に合うサイズにお店の人がSIMを切って入れてくれます。

 

その場でお金をチャージしたらタイの携帯として電話ができます。

 

100バーツ(300円)もあれば2週間ぐらいはもつでしょう。

 

またさまざまなインターネットメニューに申し込む事ができます。

 

おすすめは一週間ネット使い放題で69バーツ(207円)などです。

 

どこでも使い放題でWIFIがない場所でも大丈夫なので助かりますね。

 

DTAC(ディーテック)

 

タイ語読みでディーテックというこちらの会社も同じようにSIMを買いお金をチャージします。


チャージした分がなくなったらコンビニでお金をまたチャージすることもできます。

 

自分の使っている会社名と金額を言うと12桁ほどの番号が書いてあるレシートや

 

小さいカードをもらえるのでその番号を押して電話をかけると自動的にチャージされます。

iPadなどのタブレットの場合、電話のキーパッドがないので、

 

コンビニのレジの辺りにある電卓のような機械に自分のSIMの電話番号を入れて

 

お金をチャージできます。

 

ただインターネットメニューに申し込む場合、特定の番号を押さないといけないので、タブレットから一度携帯にSIMを入れて番号を押し申し込みます。

 

その際小さく切ったSIMを枠にはめて大きくしタイの携帯に入れます。


ちなみにSIMカードはコンビニでも買えますがスマホやタブレット用に切る事は

 

ショッピングモール内の携帯屋さんのカウンター

 

などでないと出来ないのでご注意下さい。

 

DTACのおすすめメニューはインターネット20時間100バーツ(300円)です。

 

ホテルにWIFIがあるから外でだけ使えればいいという時には便利でお得ですね。


どの会社でもSIMの買い方とチャージの仕方は同じです。

 

ただ会社によってメニューが違うので自分好きなものを見つけましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

Welcome to thai-trip.biz!  タイ旅行おすすめサイトへようこそ!


みなさんこんにちは!
タイ旅行おすすめドットネットのruthです!

このサイトは、タイに旅行に行こうと考えている方に、色々なおすすめ情報をお届けしています。
また、タイ人のお友達がいる方にも、タイ人の奥様をお持ちの方にもお役に立つ情報をお届けしています。
タイ旅行に行きたいけど、忙しくて行けそうにないなぁ、
という方も読んでいるとなんだか行った気分になれちゃうかも!

タイ在住7年目の私ruthがタイで経験したびっくりなこと、感心したこと、学んだことをお伝えして、タイ旅行の際の予備知識になれば幸いです。

おすすめ最新記事