タイ 旅行 持ち物 服装 おすすめ バンコク 注意 観光

タイ旅行おすすめドットネット

タイ旅行へ行く人必見♪これだけは絶対におさえておくべきおすすめ情報満載サイト

タイのお魚を釣ろう!釣り堀3ステップ

読了までの目安時間:約 4分

釣り

タイ人も大好き淡水魚

 

タイにも釣り堀というものがあります。

 

平日の夕方や休日には家族連れや友達同士で釣りに来る方が多いですね。

 

大きな池にはタイ語で「プラーニン」や「プラーガッポン」という

 

タイ人も大好きな淡水魚がいます。

 

かなりの大物もいて引きが強いので楽しいです。

 

そんなタイの釣り堀はどんなシステムになっているのか見てみましょう。

 

 

ステップ1:入場料

 

場所にもよりますが釣り堀の入場料は竿の数で決まるところもあります。

 

例えば1竿30バーツ(100円)といったところです。

 

この料金システムの場合は竿の数だけお金を払えば

 

営業時間中は何時間でも釣ることが出来ます。

 

それで、釣りはしないから竿はないけどついてきたという同伴者はフリーです。

 

 

ステップ2:餌と道具

 

基本的に釣り堀では竿は持ち込みですが他の道具は借りたり

 

購入したり出来ます。

 

例えば餌。プラーニンとプラーガッポンの好きな餌は発酵させた

 

パンです。この餌のパンも釣り堀の売店で買うことが出来ます。

 

また釣った魚を入れておく網も貸してくれます。

 

この網に入れて池の中に沈めておけば鮮度を保てるので便利ですね。

 

この網は無料で貸し出してくれるところもあります。

 

また大物を釣るときに必要な魚をすくう網も借りれます。

 

 

ステップ3:釣った魚を購入

 

釣った魚は最後に重さを量り購入する形になります。

 

1キロいくらという計算になっています。

 

普通に市場や店で買うよりも半額かそれ以下の値段で手に入れることが出来ます。

 

あまり小さいと「お代はいいよ」といわれることも。

 

嬉しいのか悲しいのか。

 

大抵これらの淡水魚は塩焼きにしたり、トムヤムクンの具にしたり

 

します。

 

小さい魚の方がおいしいので小物狙いで釣るのもありですね。

 

持ち込むと調理してくれるお店もあるので調べておくといいかもしれません。

 

釣り堀は釣りの経験が無くても必ずといっていいほど釣れるので

 

初心者でも楽しめます。

 

釣り堀でタイの淡水魚に挑戦して見てはいかがでしょうか。

 

この記事に関連する記事一覧

Welcome to thai-trip.biz!  タイ旅行おすすめサイトへようこそ!


みなさんこんにちは!
タイ旅行おすすめドットネットのruthです!

このサイトは、タイに旅行に行こうと考えている方に、色々なおすすめ情報をお届けしています。
また、タイ人のお友達がいる方にも、タイ人の奥様をお持ちの方にもお役に立つ情報をお届けしています。
タイ旅行に行きたいけど、忙しくて行けそうにないなぁ、
という方も読んでいるとなんだか行った気分になれちゃうかも!

タイ在住7年目の私ruthがタイで経験したびっくりなこと、感心したこと、学んだことをお伝えして、タイ旅行の際の予備知識になれば幸いです。

おすすめ最新記事